2009年01月08日

とんきゅのキャラ育成

まずはとんきゅのキャラ育成について。

4114のオーソドックスな初期ステです。
Lv260くらいまで攻撃極振りでしたが、スパやソキから大きなダメージを受けたときのHPの減り方がハンパなかったのでLv10分だけHPに振っています。

友達のユキ君の育成方法に感化されて、バランス型を育成しています。

単純に火力を上げるのは極振りと極装備にすれば誰でも簡単にできるわけで、それでは普通すぎて面白みに欠ける部分もあります。
そこである意味王道の勇者のような、攻撃しても強い、さらに打たれ強いバランスのとれたキャラを育てることにしました。

基本的にレベルアップボーナスは攻撃に振ります。
ステータスで足りない部分は装備で補うのですが、攻撃やHPにとらわれない守りを補う装備をチョイスしていきます。

今回は装備よりも育て方を書いていきます。

攻撃極で振っていても、レベルが上がれば狩場でほとんど1確できるようになってきます。
これ以上攻撃に振っても、しばらく滞在するだろう狩場ではそこまで火力を上げる必要がないはず。そんなときにはHPか所持に振るのがいいかな、と思います。

防御に振るのもありですが、今は盾の精錬でどうにでもなります。
HPは4114の場合、デフォで+30、ボーナス極振りで+30の合計60が1レベアップごとに加算できます。
Lv10分で攻撃極振りの場合よりも300もHPが増え、Lv20分くらい振れば、素HPが600も増えます。
HPは乙だけど防御がやばい盾を使っていてもある程度はHPの面で補えるようになります。
盾だけでなくベストもπではなく攻撃のついた君ベスで全く問題なくなります。
何よりも手が出せないような価格の良HP防具や神HP防具なんかが不要になります。
ここでセーブできたゲルダで神武器の資金に回せますw

ある程度高レベルになってからHPに振ったので、体感できるほどHPの増加を感じませんでしたが、Lv200くらいのうちならレベルの上がり方も早いと思うので余裕ができたらガンガンHPに振ってみるのもいいかもしれません。

注意したいのが、魔防に振っても4114の場合あんまり効果ないです^^;
魔防は防具で補っていくほうが効果的です。

牛育成の結論は、4114で基本的に攻撃振り。
カンストまでにHPにLv20(素HP1200分)くらい振ってゆくゆくは魔防合成盾をつけて被ダメ0にするってことですね。
posted by とんきゅ at 01:44 | Comment(0) | とんきゅ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。